NPO法人再生医療推進センター

コラム 鵜の目鷹の目


No.001 再生医療の未来はSFの物語が描くか?

再生医療の究極的な行く着く先は人体組織を全て人工組織に置き換える事になるかもしれない。そこはSFの物語が先行する世界であるが,全く不思議な存在の脳以外は組織や臓器を代替した人工的に作られた生体工学的メカニズムに置き換えられた人間が闊歩する。そこでは,現在の再生医療を一部取り入れた臓器や全く生体的なものは存在しない新しいメカニズムで代替されている可能性すらある。スター・ウォーズのダース・ベイダーのイメージですね。脳も含めて全てを人工的に作った人造人間の表現はウイキペディアによると,ヒト型ロボット,人間型ロボット,ヒューマノイドロボット,ヒューマンフォームロボット,アンドロイド,バイオノイド,バイオロイド,そして日本では一般的なサイボーグ(機械的なもので身体能力を強化された人間)と多種多様にある。最近のマーベルのテレビ番組「エージェント・オブ・シールド」で遥かに進んだ異世界の知識を容易に取り込む女性ヒト型ロボットをアンドロイド(android、ラテン語:androides)と表現していました。再生医療の最終形は脳内にある情報もデータ化して永遠に生きるアンドロイドに行き着くかもしれません。う〜ん・・・・SF的ですが,どうなんでしょう!

(Adipocyte)

NPO会員様募集中
コラムトップに戻ります
再生医療推進センターは再生医学、再生医療の実用化を通して社会への貢献を目指す非営利活動法人です。
Copyright (C) NPO法人再生医療推進センター All rights reserved.