設立目的と理念
再生医療の初まり
組織情報
お問い合わせ
NPO法人再生医療推進センター
再生医療についての質問ができます
海
この海の地は冬なお暖かく,春を先取りしたかのようですが,再生医療も冬を乗り越え,早春の海に今まさに乗り出さんとしている状況にあります。色々な分野で,色々な人々が,色々な視点から,病に苦しむ方々に再生医療による医療を提供すべく全力を挙げています。その足音は直ぐそこに聞こえてきます。再生医療の立ち上がりから今日までの歴史と変遷に関しましては当サイトの年頭所感に述べられていますのでご一読ください。当NPO法人再生医療推進センターは2002年に日本再生医療学会と同時に再生医療を多くの患者さまや一般市民の方々に資するために設立されました。それから17年を経過して、札幌医大とニプロ(株)が共同開発し、承認申請した脊髄損傷を対象疾患とした「自家培養骨髄間葉系幹細胞:ステミラック注」が厚生労働省から「条件及び期限付承認」を受け、間葉系幹細胞を使った初の再生医療製品となりました(詳細はトピックスのNo.12を参照ください)。大きな期待が寄せられている間葉系幹細胞(骨髄由来幹細胞,脂肪由来幹細胞など)による難病への臨床応用実用化やiPS細胞の研究は早春の大海原に漕ぎだしました。

難病治療に新しい光!

ホームページに関する最新情報


◎「最新情報」以前の追加情報は、右のサイドバーをクリックしてご確認ください。

当サイト内の検索を行えます

当サイト内を検索できます
世界中から検索できます 
会員募集中