NPO法人再生医療推進センター

世界中を検索 当サイト内を検索できます
設立目的と理念
再生医療の初まり
組織情報
お問い合わせ
NPO法人再生医療推進センター
再生医療についての質問ができます
青紅葉
京都の10連休は意外にも空いていたように感じました。真如堂の青紅葉も午後には閑散としていました。華やかな桜の季節ばかりでなく青紅葉の季節も爽やかに楽しんでもらいたいものです。 新薬を作ることを創薬と言います。最近は再生医療で注目される間葉系幹細胞やiPS細胞を用いた生ものと言えるような細胞医薬品の創薬も注目されていますが,一般的には化学的手法で作る合成創薬を指します。新薬メーカー(新しい薬を創造して製品化する製薬メーカー)は過去から蓄積した新薬の元になる膨大な数の化合物を有していて(ライブラリーと呼ばれる),その中から目的の作用を有する化合物を探し,シード化合物とし,それを元に多くの関連化合物(数千個になることもある)を作り,スクリーニングにかけ,より効果的な化合物を見つけていきます。この化合物をリード化合物と言い,更に改良を重ねていきます。その後,安定性・薬効・動態・毒性などの短期,中期,長期の試験を繰り返し,新薬候補化合物を絞り込み,ヒト臨床試験へと進めます。しかし,候補物質の95%が臨床試験で脱落し,最終的に・・・・・本文に続く
難病治療に新しい光!

(追加情報)2018年12月21日
左記報告会にて中間報告された脂肪由来幹細胞による再生医療に関して継続していたALS=筋萎縮性側索硬化症を対象とした臨床研究の最終症例への幹細胞の投与が2018年12月21日開始されました。今後,毎月1回、3回の幹細胞投与を経て、3ヶ月後に症状の評価を行い,来年6月に最終報告をまとめる予定となっております。また、この幹細胞投与について、NHK京都放送局「京いちにち」のニュース(2018年12月21日)にて報道されました。

ホームページの再生医療等に関する最新情報

当法人の活動状況に関する最新情報は右サイドバーの「最新の活動状況」をクリックしてください


  ◎「最新情報」以前の追加情報の確認は右サイドバーをクリックしてください。
会員募集中