NPO法人再生医療推進センター

世界中を検索 当サイト内を検索できます
設立目的と理念
再生医療の初まり
組織情報
お問い合わせ
NPO法人再生医療推進センター
再生医療についての質問ができます
ノウタケ

【無為駄言】写真は京都御苑の雑木林で見つけたノウタケです。京都御苑と言うより御所の方が一般的ですが,正確には京都御苑の中に京都御所と仙洞御所があります(京都御苑HP)。少しグロテスクなノウタケですが毒は有りませんし,食用として出汁をとることが出来るようです。確かに,このキノコ,見た目が脳に似ていますね。

最近,米カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが「培養器中で多能性幹細胞から分化させた人工脳(皮質オルガノイド)がヒトのものと類似した脳波を発生した」と幹細胞生物学の学術雑誌「Cell Stem Cell」に投稿しました。この研究で多能性幹細胞から様々な種類の脳細胞に分化させ培養されたミニ脳からヒトのものと類似した脳波が発生したことが確認されました。ヒトの多能性幹細胞から培養器内で作製した「脳オルガノイド(オルガノイド=組織構造体)」と呼ばれる豆粒大の人工脳をヒトの脳に似た細胞構造を持つものへと発達させることに成功したと報告された事などがNewsweek日本版/2019年9月3日で詳報されています。・・・・・>続き


難病治療に新しい光!

(追加情報)2018年12月21日
左記報告会にて中間報告された脂肪由来幹細胞による再生医療に関して継続していたALS=筋萎縮性側索硬化症を対象とした臨床研究の最終症例への幹細胞の投与が2018年12月21日開始されました。今後,毎月1回、3回の幹細胞投与を経て、3ヶ月後に症状の評価を行い,来年6月に最終報告をまとめる予定となっております。また、この幹細胞投与について、NHK京都放送局「京いちにち」のニュース(2018年12月21日)にて報道されました。

ホームページの再生医療等に関する最新情報

当法人の活動状況に関する最新情報は右サイドバーの「最新の活動状況」をクリックしてください


会員募集中