ホーム
元気の出る再生医療
再生医療トピックス
コラム鵜の目鷹の目
再生医療用語集
あ か さ た な は ま や ら わ
さ さ し す せ そ
  1. cAMP(さいくりっくえーえむぴー):環状アデノシン一リン酸、アデノシン三リン酸(ATP)から合成され、リボースの3',5'とリン酸が環状になっている分子です。グルカゴンやアドレナリンといったホルモン伝達など細胞内の情報伝達に重要な分子です。(熊本大学プレスリリース:ES細胞から成体と同等の能力を持つ膵臓の細胞を作製~糖尿病の治療へ新たな光明~、2013年12月16日)(再生医療トピックスNo.55
  2. 再生医療(さいせいいりょう):右の「「再生医療の初まり」をクリックして下さい。詳しく解説しておりますのでご参照ください。
  3. 再生医療等製品(さいせいいりょうとうせいひん):人又は動物の細胞に培養等の加工を施したものであり、身体の構造・機能の再建・修復・形成するもの、あるいは疾病の治療・予防を目的として使用するもの、また遺伝子治療を目的として、人の細胞に導入して使用する製品であって、政令で定めるものをいいます。(再生医療トピックスNo.84
  4. 再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ):免疫の異常などで、体内で白血球や血小板などの血液成分が十分につくれなくなる難病です。(再生医療トピックスNo.19
  5. 再生医療等製品の条件・期限付き承認制度(さいせいいりょうせいひんのじょうけん・きげんつきしょうにんせいど):薬事法改正法(薬機法)、平成26年11月25日施行。再生医療の実用化に対応できるよう、再生医療等製品の特性を踏まえた承認・許可制度を新設するため、改正が行なわれました。症例数の少ない臨床試験の結果でも有効性が合理的に推定できる場合、迅速な承認審査を行う仕組みとなっています。同制度承認されました品目は次の通りです。ヒト(自己)骨格筋由来細胞シート(ハートシート2015/9/18)、ヒト(同種)骨髄由来間葉系幹細胞(テムセルHS注2015/9/18)、ヒト(自己)表皮由来細胞シート(ジェイス207/10/29一部変更承認 2016/9/29)、ヒト(自己)骨髄由来間葉系幹細胞(ステミラック注2018/28)、ヒト(自己)軟骨由来組織(ジャック(2012/7/27) 一部変更承認2019/1/31)(再生医療トピックスNo.26
  6. 細胞傷害性分子(さいぼうしょうがいせいぶんし):攻撃対象である細胞に放出されると、細胞膜に穴をあけ、細胞死を誘導する働きを持ちます。(理化学研究所プレスリリース:110歳以上の超長寿者が持つ特殊なT細胞-スーパーセンチナリアンの免疫細胞を1細胞レベルで解析、2019年11月13日)(再生医療トピックスNo.65
  7. サイトカインカクテル(さいとかいんかくてる):幹細胞を培養する際に使用した培養液には、通常、成人の数十倍から数百倍にのぼるサイトカインが含まれており、このサイトカインを多く含む培養液をサイトカインカクテル(幹細胞培養上清液)と呼びます。(再生医療トピックスNo.37
  8. 先駆け審査指定制度(さきがけしんさしていせいど):最先端の治療薬を最も早く提供することを目指し、一定の要件を満たす画期的な新薬等について、開発の比較的早期の段階から先駆け審査指定制度の対象品目に指定し、薬事承認に係る相談・審査における優先的な取扱いの対象とするとともに、承認審査のスケジュールに沿って申請者における製造体制の整備や承認後円滑に医療現場に提供するための対応が十分になされることで、更なる迅速な実用化を図るものです。(再生医療トピックスNo.08
  9. Sall1遺伝子(さるーわんいでんし:Sal-like 1 (Drosophila)):腎臓発生に必須な遺伝子で、腎臓以外に肝臓、手指、耳、肛門、脳を含む多くの組織で発現しています。(再生医療トピックスNo.45